FC2ブログ
未分類お知らせごあいさつ
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.02 Mon
やっと・・・やっと終わったよ蔵等wwwww
マジ疲れたけど、面白かった。

「蔵等は人生」という妄言は、
別に蔵等に出てくるオニャノコこそ至高www蔵等のない人生なんてアリエネwwww

って意味ではなく、モチーフってかテーマが、多くの人の人生における大きなウェイトを占めるであろう「家族」ってことなんだなと気づきますたwwww


まぁ、一部前者の椰子もいると思うけどなwwwwww


・・・で、実は1時間前くらいに終わってたんだけど、ラストに至るにあたり、俺の認識の中で結構如実に矛盾をはらんできてる部分がたくさん出てきてしまったので、思いつく限りつぶしてたワケですw

かいつまんでどこかってと・・・
※以下、だらだら書いたのでイミフになってる恐れありw

①風子復活
これは一瞬で解決した。パン屋の前で岡崎がザオリクつかってたね。

②幻想世界のお前ら結局誰よ?www
まず、ガラクタ君は岡崎だろうな。
それぞれの話の紆余曲折も、結局は渚を生存させるためのという至上命題の元存在し、しかしながらそれ自体が人々の願いをかなえ、幸せにすることとイコールなので、結構な確立で恋愛関係に発展していっているwんで光の玉をとっては記憶をなくし、桜のとこでアンパン少女に出会い、またイチから渚を救うための旅路へと・・・みたいなことなんだろうね。幻想世界の12でやっと確信できたあたりはうまいこと出来てると思われ。

で、問題はオニャノコのほう。前述の幻想世界12のラストの「さようなら、パパ」がなけりゃ、擬人化異世界ちゃんorアナザー渚的存在で、若干のグレーゾーンを残しての解釈が可能だと思うんだけど・・・
実際最後のせりふは、渚を救えなかった父がもう一度過酷な旅路へと戻っていく様に対する娘の言葉ととってしまえばいい気もするけど、やっぱ説明できないことが多いからそうじゃないのかなぁ。

つっても体力的な問題もあって、あんまりテキスト読み込んでないからここに関してはたいした言及はできないんだけどねw

③で、結局何が言いたい物語なんだろう?
家族って言うモチーフは別に新しくないから、なんとなく気になった。
とはいえあんまり俺は難しく考えてはいないんだけど、人としての在り方なのかな、と。

アフターでオッサンが人はひとりぼっちでいたら、生きる意味を見出すことはできない。人は家族があって初めて成り立つんだみたいなこといってからそう思った。個人的には完全にイコールとは思わないけど、どんな風に生きようとしても他者との関係の上でないと存在として成り立たないのは絶対だから、それは十分に生きる意味にも人としての個を定義する一因にもなりえると思う。

その対象が家族(蔵等の作中で捉えられているような)なんて、とても素敵だぁね。


正直ほかにも色々うーんってなとこは多々ありますよw
みさえさんはあれで幸せなんか?とか、岡崎の親父って確かに大変だったかもしれないけど、肩壊したこととか就職ぶっ潰したこととかに筋通してなくね?とか、個人的な思いになるんだけど、誰ルート選んでも、他キャラのフラグがやんわり折れつつも、それなりにまとまっていきそうな片鱗を見せたりするんだけど、のとみだけ専用ルート以外目も当てられなくね?wwwうはwww俺涙目wwwwとかねwwwww


・・・・・

・・・

・・

まぁいいやwww


面白かったですwwwwうぇwwww


ちなみに、最後までやりきってみて、好きなキャラの序列に大きな変化がありますたw
嫁とか良キャラとかカコイイとか分けずに絶対評価で1から3位まで発表www



第3位!
のとみ!!!嫁部門ではやっぱ1位wwwww話もまとまってて好き。




第2位!
オッサン!!!「この町と、住人に幸あれ」はこの作品いちばんの名言だろ常考・・・




第1位!
まさかの汐wwwww
パパ大好き&健気な強い子&最愛の人の忘れ形見とか、チート設定でしょwwwwww
こんな娘になら人生かけられる気がするわwwwwwwwwwww

うっしっお
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。